バスの中ではひたすら休みましょう

暑さ寒さ対策を万全にする

バスツアーに参加する時の心得として、バスの中では休むことに徹するということが挙げられます。仲間同士で参加しますと、どうしても騒いでしまったり興奮して寝つけなかったりするものですが、翌日に疲れを持ちこさないためにも、大人しく休むことが最も大切なのです。では、どのようにすれば快適に夜の時間を過ごすことが出来るのでしょうか。
まずは、暑さ寒さ対策をきちんと行うということです。例えば、夏であれば熱いくらいだろうと思ってしまいがちですが、バスの中は冷房がつけられている冷え冷えとしているということもあり得ます。ですので、簡単に脱いだり着たりすることが出来るようなカーディガンやパーカーなどをバッグに忍ばせておくと便利です。

居心地が良いような工夫をする

続いて、バスの中で気持ちよく過ごすためには、寒暖の差だけでなく他のことにも気を配らなくてはいけません。
他の人のいびきや外の音が気になることがありますので、耳栓は必須アイテムと言えるでしょう。また、バスの中の電灯を消したとしても、高速道路などにある常夜灯の光というのは想像以上にまぶしいものですので、アイマスクを持っていると便利です。
そして、長時間バスの中に座っているとどうしても身体全体がこわばってしまいますので、腰専用のマクラや首専用のマクラと言った、便利なアイテムも携えておくと良いかもしれません。アイテム数が多くなると持ち運びが大変ですので、空気で膨らませることが出来るものの方が良いでしょう。